TOP > VARIOUS VALUES > Kazuki.S

VALIOUS VALUES 個性を、楽しむ。

常に新しい挑戦ができる環境で、人の生活を変えるような発信をしたい

エンジニア
Kazuki.S 2012年4月入社
新卒入社
新規事業推進室

プログラミングだけが仕事じゃない

私は、入社直後に社内向けシステム開発に携わった後、アプリ発見サービス「Appliv(アプリヴ)」のリリース直前からApplivのサービス開発を一貫して行っています。プロジェクトに参加した当初はプログラミングをするのみでしたが、リリース後の追加改修からは企画から参加しています。今はブラウザ版のApplivから離れて、iPhoneアプリ版Applivのメインエンジニアを担当しています。それに伴い、チームメンバーの仕事管理も自分の仕事になり、責任とやりがいを感じてます。ただ開発するだけではなく、エンジニアサイドからも積極的に企画・仕様検討に参加していくことは意識していますね。ユーザーが投稿したコンテンツの公開範囲の決定や、UI,UXについても考えていくのは、普段の開発業務とは違う側面を見ることができて面白いです。

既存のスキルをベースに挑戦し続けたい

私がナイルで働くことを選んだのは、常に新しい挑戦が続けられると確信したからです。 小学生の頃にプログラミングを始め、学生時代は個人でもアルバイト先でもアプリ開発をしていました。そのスキルを活かすならアプリ開発がメインの職場を選択するのが楽だったと思います。 しかし、アプリ開発以外の分野でも挑戦を続けながら、それまでに持っていた自分の能力も活かしたいと私は考えたのです。その想いを実現できる場所として選んだのが、ナイルでした。 現在のナイルの主な開発言語はPHPです。私はPHPでの開発経験はありませんでしたが、入社前の課題とメンバーのフォローのおかげで習得できました。その後も新しいフレームワークや言語の習得は積極的に行って業務に活かしています。クレジットカードのAPI決済システムの開発は、個人の開発ではなかなか携われない上、制約が多いので、新しく習得しなければならないことが多く非常に刺激的な仕事でしたね。

アプリ開発エンジニアとして挑戦したいこと

今後は、アプリを使ったユーザーへの多角的アプローチに挑戦していきたいです。スマホはユーザーが肌身離さず持ち歩くデバイスで、アプリならプッシュ通知のようにこちらから情報発信することもできます。既存のWebサービスでチャレンジできなかったことができるはずなので、色んな機能を試していきたいです。ナイルは自ら提案し、それを実行することができる環境です。この環境を活かして、現在担当しているAppliv業務に限定せずに、新しいプロダクトと共に自分の技術力を広げていきたいと思っています。少し前に流行った「ユビキタス」というワードが好きなんですが、この言葉の意味の通り人の生活に遍く存在してもはや使っている事すら意識していない、そんな物を生み出したいです。